ジョニーからの伝言

2013年7月。
俺は風に吹かれて東広島の志和町に降り立った。

そこに至るまでにはちょっとした運命と気まぐれがあったんだ。
まあ、たいした話じゃないが暇つぶしに聞いてくれ。


俺が生まれ育ったのは香川県高松市。
穏やかな海が綺麗な素敵な街さ。

もちろん、うどんも最高だよ。

いい店を教えようか?たとえば・・・


 おっと。つい脱線しちまった。


あれは19の頃。

俺はいつもの気まぐれで熊本県の南阿蘇に移り住んだ。

南阿蘇を知ってるかい?世界最大級のカルデラの中にあるんだ。

その自然の雄大さと美しさときたら・・・言葉にならないよ。

行ったことがないならすぐにでも行ったほうがいい。
温泉につかって"あか牛"と語れば日々の疲れも吹っ飛ぶぜ?

その村で俺は10年ほど、とある飲食店で働いていた。

それはそれは、楽しい日々だったよ。
リーゼントにクシを入れ、ギター片手にバンドもやった。
ごきげんなロックンロールさ。

ところがだ。ふと気づいちまったんだ。

このままじゃダメだって。
世の中は毎日嫌なニュースが飛び交ってる。
みんなちょっとイカれすぎだぜ!!
何が本当に大事なのか、考えようじゃないか・・・。

俺はギターを鍬(くわ)に持ち替えた。
そして畑へと足を踏み入れたんだ。今日からここが俺のステージだ。
まばゆいライトが、燦々(さんさん)と降り注ぐ太陽に変わっただけのことさ。

 

自分が食べるものは自分で作る。
美味しいものを作る。元気になれる食べ物を。
シンプルだろ?それでいいのさ。みんなが笑顔になればそれでいい。

 

とにかく俺は。

畑で勝負できるだけの知識と技術と愛を、南阿蘇である男に教わった。
彼はとてもタフな男でね。始めはついていくのが大変だったよ。
でもすぐに、その背中を追いかけるのが楽しくなった。
うまく言葉にできないが、"生きてる”って感じがしたのさ。
俺は彼のもとで1年間、ありとあらゆることを学んだ。

そんな彼の口癖はこうだ。


「ガッツがあれば何とかなるさ」

 

まったくその通りだぜ。
百姓も。人生も。


そして俺は大好きだった南阿蘇を離れ、広島へとやってきた。
なぜかって?それは内緒さ。あんまり喋るとハニーに怒られるからね。

そんなわけで、2014年4月。

夜明けのジョニー農園がスタートしたのさ。


俺は今日も鼻歌まじりで畑を耕してるからさ。

いつでも待ってるぜ。

 

夜が明けるまで。